« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

朝採りビワ

通勤時、いつものウォーキングコースrun

153

ビワがだいぶ色付いてきたねcherry

154

これなら食べられそうheart04

155

ひとつ失敬して会社で食べようsmile

156

皮もキレイに剥けたflair

157

とっても酸っぱいけど、フレッシュビタミンCタップリ、
朝から元気いっぱいの1日であったgoodrun

| コメント (0)

2013年5月30日 (木)

キャップの色

登山用のキャップが欲しいheart04

モノはもう決めているflair

Gtxcap1

THE NORTH FACE GTX CAP、GORE-TEX製。

ただ、迷っているのは、何色にするか、ってことcatface

もうしばらく悩んでみることにしますかwink

| コメント (0)

2013年5月29日 (水)

トレッキングポール

山登りに出掛けると、
トッレキングポールを持っている人を多く見かけるeye

で、自分も買ったgood

143

LEKI SPDサーモライトASshine

他のメーカーのものより割高だけど、
絶対にLEKIと決めていた。

146

ソフトアンチショック内臓。

144_2

スピードロック機能も搭載。

145

エルゴングリップ、これはほんとに握りやすいcoldsweats02

関東はとうとう梅雨入りしちゃったけど、
山は呼んでいるheart04runfuji

| コメント (0)

2013年5月28日 (火)

CASIO PROTREK PRW-1000J-1JR

アルピニストにとって、腕時計は重要なアイテムであるwatch

で、新調したshine

147

CASIO PROTREK PRW-1000J-1JR good

驚いたことに木箱に入っているcoldsweats02

148

方位、気圧、温度、高度がワンタッチで計測可fuji

149

しかもソーラーなので電池交換不要sun

とっても気に入っているんだけど、
ちょっと複雑な心境になる買い物であったcoldsweats01watch

| コメント (0)

2013年5月27日 (月)

フキ味噌

天ぷら用のフキノトウが余ったので、
フキ味噌を作ったgood

151

フキノトウを細かく刻んで油で炒め、
酒、味醂、味噌、砂糖で味付けして完成shine

152

温飯で、もう最高に旨いhappy02

よく瓶詰めの既製品が売られているけど、
やっぱ保存料ゼロの手作りがイチバン美味しいfull

| コメント (0)

2013年5月26日 (日)

鐘ヶ嶽、再び

新調したバックパックの使い勝手を検証するため、
鐘ヶ嶽へ再び登山。

126

前回とは逆のコースを歩くrun

130

標高561m、まぁ東京スカイツリーより低い山なんだけれどもsweat01

それでも本格的な山道を歩くのは楽しいheart04

137_2

フィトンチッドだねぇconfidentclover

135

登山をしていて楽しみなのが眼下に広がる風景happy02

自分の足だけで登り、高度を上げた証でもあるgood

今日のお昼も袋インスタント麺noodle

141

美味しいんだけれどもcatface

142

登山だと具材の用意が難しいので、
いつも具ナシweep

クッカーの汚れも気になるし、
やっぱこれからはカップ麺にしようかなcoldsweats01

| コメント (0)

2013年5月25日 (土)

山菜天ぷら

スーパーを覗いたら、
滅多に売られていない山菜が売られていたshine

120

時季的に終盤であろう山菜たち、天ぷらにして食べようheart04

フキノトウ。

122

この辺りだと3月頃には収穫できる山菜。

タラノメ。

121

山菜の王様、この辺りだと4月下旬頃に収穫できる。

コシアブラ。

123

初めて見た山菜、
当然自然に生えているところは見たことがない。

上手に揚がったspa

124

コシアブラ、初めて食べたけど、
適度な苦味とコクがあって美味しいdelicious

125

やっぱ山菜は天ぷらがイチバン、
自分で揚げれば、超揚げたてが食べられるからgoodhappy02

| コメント (0)

2013年5月24日 (金)

イチバン高価なアイテム

山登りを本格的に始めると、色んなアイテムが必要になるshoe

角谷氏の指南本によれば、

・急に雨が降ってきたときのために、レインウェアrain
・山の中で夜になってしまったときのために、ヘッドランプshine

この2つだけは、必ず揃えるように、とある。

で、レインウェアをさっそく買ったdollar

Naturumoutdoor_2160289

もちろんGORE-TEX製、レインウェアは絶対GORE-TEX製にしろ、
と、どの指南本にも書かれているbook

水蒸気は通すが雨は通さない、まさに魔法の生地good

でも、お値段もそれなり、揃えるべきアイテムの中では、
間違いなくイチバン高価なアイテムであるcoldsweats01

| コメント (0)

2013年5月23日 (木)

富士登山ツアー

で、富士山fuji

富士山に登れるのは7月~9月の僅か3ヶ月間。

ゆえに毎年その時期の富士山は大混雑となるwobbly

5合目までマイカーで行けるけど、
その期間は規制がかかって車で近づくこともできず、
山小屋に至っては早々に予約で一杯になってしまうdespair

既にプランニングの段階で困難極まりない富士登山であるが、
ツアーに参加すれば、その辺の問題はクリアされるflair

Photo

一般的な富士登山ツアーは1泊2日、
行程は

1日目 7:30新宿集合 バスで5合目へ 登山開始 17:00 8合目以上山小屋着

2日目 2:00 山小屋より登山開始 4:30 山頂登頂 ご来光見物 下山開始
    11:00 5合目着 バスで新宿へ 途中、温泉・昼食 17:00新宿着
    
ツアーの場合、1日目に5合目に着いたら、すぐに登山は開始しないdanger

自由時間と称して、1時間以上、放置される。

実はコレ、とっても重要なことらしく、
高山病を防ぐ目的で、5合目の気圧に慣れるたための準備時間らしいflair

駐車場問題、山小屋問題、高山病問題、
ツアーに参加すれば、これらの問題がクリアされるのは魅力的であるgood

数あるツアーを見ていたら、35歳未満限定ツアーがあったeye

内容的にそんなハードでもなさそうだし、
なぜ年齢制限sign02

よくよく見たら、婚活ツアーなのねcoldsweats01

| コメント (0)

2013年5月22日 (水)

ステップアップ山登り

本屋を覗いたら、今の自分にちょうどよい本が売られていたbook

110

初心者を対象にした、山登りをステップアップしていく指南本shine

112

著者はあの方ねcoldsweats01

111

1~5巻で順にステップアップ、
月1巻発行で、現在2巻まで発行されている。

キリマンジャロやエベレストは無理だけど、
富士山は登頂したいなぁgood

| コメント (0)

2013年5月21日 (火)

エターナル 30_II

山登り用のバックパックを買った。

108

容量30リットル、
日帰り登山や1泊2日の山小屋利用登山にちょうどよいサイズflair

109

富士山を登るにもちょうどよいサイズfuji

今はピカピカだけど、
ボロボロになるまで使いこなそうと思うwink

| コメント (0)

2013年5月20日 (月)

ファミマTカード

今まで、Tポイントを貯めるには、
TSUTAYA発行のカードを使っていた。

ここで更新時期を迎え、
今まで年会費無料だったのに、
更新後は¥525必要になる旨の通知が来たmail

これって詐欺だろannoypunch

年会費が無料だからこそ作ったカードなのにpout

頭にきたので、貯まっているポイントは使い切って、
カードは解約した。

でも、Tポイントカードがないとやっぱ不便。

TSUTAYA以外でTポイントカード作りたいな、
と思っていた矢先、チラシが入ってきた。

106

ファミマTカード、即、申請手続きを行った。

当然年会費ずっと無料、
しかも¥500のクオカードをその場でゲット。

107

とっても得した気分のファミマTカードであるwink

| コメント (0)

2013年5月19日 (日)

増田屋でかつ丼弁当

ランチは増田屋でheart04

104

そこいら中にあるお蕎麦屋さんなので、
チェーン店かと思いきや、すべて暖簾分けのお店らしいcatface

097

ゆえに、お店ごとにオリジナルの味やメニューとなる。

098

ラーメンもあるcoldsweats01

099

カレーライスもあるcoldsweats01

100

お蕎麦屋さんといえども、もはやメニューは食堂であるbook

かつ丼弁当¥1,100、いってみようshine

101

弁当、って付くけど、単なるセットメニューのことsweat01

103

温かい蕎麦spa

麺は蕎麦か饂飩を選べ、
さらに温かいのか冷たいのかを選べる。

102

ご飯は軽めのカツ丼pig

冷たいお蕎麦にすると、味噌汁と蕎麦湯が追加される。

同じ値段なら、そっちの方がよかったかな、と後悔coldsweats01

| コメント (0)

2013年5月18日 (土)

大山登山

今日も天気がいいので山登りrun

今日は標高1,252mの大山のピークを目指すfuji

105

バイクで麓近くに行けるところまで行って、
そこから登山を開始するのが自分流。

071

今日はゲートのある林道手前にバイクを置いて登山開始shine
(左が自分のバイク、右は先客のバイク)

いいねいいね、やっぱ山歩きは楽しいheart04

072_2

と、突然大きなお地蔵様に遭遇、これはビックリしたcoldsweats02

073

高度を上げていくのが実感できる登山道。

078

結構ハードな道もあったりするcoldsweats01

080

ピークが見えてきたshine

083

約2時間で登頂成功。

084

皆さん、思い思いに過ごしている。

088

丹沢山系がよく見渡せる。

089

ようし、そのうち全部踏破してやるからなsmile

090_2

売店もある。

086_2

生ビールが¥600に缶ビールが¥500、まぁ、
自分はここまで来て飲みたいとは思わないけどsweat01

時間にしてまだ10時、
昼食には早いので来た道を戻って途中でランチタイムrestaurant

094

新調したガスコンロでインスタントラーメン作りnoodlespa

095

山で食べるラーメンheart04

096

美味しい美味しいfull

山に来たら、カップ麺より絶対袋インスタント麺、
ゴミも少ないし、調理する楽しみもあるし、
なによりも安くて美味しいからhappy02

| コメント (0)

2013年5月17日 (金)

らーめん大喜@湯島で特製中華そば

久し振りの「らーめん大喜」へ。

券売機によるメニューticket

062

卓上メニューbook

063

おつまみ各種。

064

カウンター席とテーブル席の店内。

069

特製中華そば¥980を注文。

065

ワンタン2個、味玉、チャーシューが2枚半入っていたshine

066

中華そば、は中太麺となる。

068

トッピングチャーシュー¥300。

067

炙ってあるので香ばしい風味となるpig

スープ、麺、具材、どれをとっても非の打ち所がない、
さすがは「大喜」を思わせる逸品であるhappy02

| コメント (0)

2013年5月16日 (木)

マスゲチンS錠

来月に行われる健康診断。

去年は貧血の所見があったhospital

で、その対策flair

055

鉄分を補給する薬shine

056

なぜ赤いcoldsweats02sign02

057

血をイメージして、わざわざ色付けしているみたいsweat01coldsweats01

| コメント (0)

2013年5月15日 (水)

鳩サブレー

家に帰ると鳩サブレーがあったchick

060

鎌倉豊島屋の、昔からある銘菓。

061

そうそう、豊島屋といえば、
鎌倉の海水浴場の命名権を年間1,200万で取得したらしいですなcoldsweats02

命名はまだ未定だけど、企業名称は入れないという。

いったいなんのために取得したんだろcoldsweats02

| コメント (0)

2013年5月14日 (火)

10年前の東池袋大勝軒

東池袋大勝軒といえば、
最後に訪れたのがちょうど10年前の今頃であった。

そのときのレポート。

noodlenoodlenoodle

さて、今回のレポートはもはや伝説と化した超人気ラーメン店、
あの東池袋「大勝軒」です。

私用で午前休を使い、時間があったのでテレビで日本一になった高田馬場
「俺の空」でも行って開店前行列をしようと考えましたが、
東池袋「大勝軒」は区画整備のため立ち退きが真近かであることを思い出し、
ここの元祖つけ麺は一度食べておかないと一生後悔するな、
との判断から「大勝軒」行きを決定。

1年半前に行った時は中華そばを実食、
つけ麺を食べてないのが心残りで、
名物おやじさんにも会いたいし、
「俺の空」はいつでも行けるもんなぁ、と思いつつ池袋へ。

途中高田馬場で電車が発車するときの鉄腕アトムの曲に感動し、
久し振りの池袋駅下車。サンシャイン方面に歩いて9時30分現地着。

事前に調べたネットの情報通り、本当に店の前は更地になり、
以前来た時とは大違いでびっくり。

で、11時開店だっていうのに既に先客が8人もおり、
一番乗り間違いなしと信じていただけに2度びっくり。

先着7名までは外に椅子が用意される事実も判明、
数分の差で1時間以上立って待つ羽目に・・・。

暇なので行列客の観察。

先頭にいる客は○タク系が多いですな、
スーツ姿は私以外に、あ、1人いた、ご年配の夫婦もいるな、
若い女性2人客も来ましたな・・・あ~暇だ。。。

10時20分、先頭行列に動きあり、外の椅子が撤収される。

10時30分、店内入場開始、30分前なのにこれはラッキー!
カウンター8席、テーブル4席が2卓、計16人収容で、14人目
(店内に既にVIPが5人いた、解せない)でテーブル席に着席。

店内はやたらと色紙や弟子の支店紹介が貼られ、もの凄く狭い。

厨房におやじさんはまだいない様子。

向いに座ったスーツ姿の40歳前後の男性がいきなり外に出て
ビール瓶とコップを持ってきてカウンターに置いてある
チャーシューの入った小鉢を勝手に取り出し一杯やり始めた。

な、なんなんだ、このおっさんは??これから仕事だろ?
勝手に飲み食いしていいのか?(ビールとコップは外にあるらしい)

摩訶不思議な「大勝軒」の世界に驚愕としてると
弟子が注文をとりに来て迷わず
「特製もりそば」(元祖つけ麺のことで\650)を注文。

10時40分、ラーメン界のカリスマ、神様と崇められるおやじさん、
山岸一雄(推定年齢68歳)師匠のご登場。

にわかに活気づく店内。

弟子が作ったスープの最終調整をしてる。

10時50分、麺茹で開始、
テレビで見るのと同様に不自由な足をかばいつつ、
片腕で体を支えながら麺を茹でている。

11時前にラーメン配膳開始、つけ麺はつけ汁と麺が別皿で供され、
これが神様の作る伝説のつけ麺だぁ、
いざ現物を目の前にすると感慨深いものがあります。

分厚いチャーシュー2枚、メンマ、のり、茹で玉子1/2、ナルトがつけ汁に入り、
麺は300gはあろう量が丼に目一杯。

スープをひと口、ガツンとくるインパクトのある濃い目の味付けで、
甘味と酸味をかなり感じ、これは麺と一緒でないとイカンと麺を浸してひと口。

つるっとした独特の喉越しの麺にクドさを感じるスープ、う~ん、
首を傾げつつ食べ進めると、甘味からくるクドさが耐え難くなり、
外に出てコップを調達、卓上のペットボトルから水を入れ一気飲み。

それでも立ち直れず、スープを並々、麺もかなり残してギブアップ。

店を出て会計を済まそうとすると
(会計は丼を持って一度外に出て勝手口みたいなところで自己申告する)
神様が私を見て微笑みながら

「ありがとうございます」。

うわ~神様、本当にごめんなさい、
神様の作る伝説のつけ麺、正直私の口には合いませんでした。

決して食べ残す量ではないのですが、
素人同然の弟子が仕込んだと思われるこのつけ汁で、
この量の麺を食べるのは酷すぎる。

味以外にも他の従業員は態度でかいし、
店内にゴキちゃんはいっぱいいるし、
マイナス要因が多いお店であるのも事実。

でも、それはそれ、「大勝軒」の魅力は何と言ってもおやじさんの人柄、
そして独特の雰囲気と暗黙のしきたりを楽しみ、
40年以上の歴史の重みを感じることにあるような気がします。

帰り際には店の前の路上に仮設のテーブル席が置かれ、
数人が大衆の面前で麺を啜っていた。

この席、行列待ちはしなくていいみたいですが、
果たして一見客でも利用できるのか、今なお疑問なところです。

<画像解説>

Securedownload

行列してる脇にあった看板。
あまりにもノスタルジックなので思わず撮りました。
子供の服や髪型からして
60年代後半~70年代前半のものと思われます。
30年もの間風雪に耐え、行列客を見届けていたことになります。
立ち退き後の行方が気になります。

Photo

実食後の行列最後尾の様子。
時間にして11時30分位。
左先には更に10人位並び先頭となります。こ
の位置の最後尾だと経験上、入店まで1時間以上かかります。
先頭の様子はカメラ電池切れのため、撮れませんでした。

以上です。

noodlenoodlenoodle

まさに昭和のテーマパーク。

あの雰囲気、もう二度と味わえないのはほんとに残念weep

| コメント (0)

2013年5月13日 (月)

袋麺の大勝軒つけ麺

ついに食べてみた。

029

作り方。

030

ほほ~う、袋麺では類のない太さの乾麺だねcoldsweats02

031

完成shine

032

大勝軒のつけ麺は、スープに具材が入るタイプだけど、
今回は麺の上にのせてみた。

033

既定通り作ると、スープはかなり少ない。

035

麺もスープも忠実に再現、これは凄いcoldsweats02

そういえば、今からちょうど10年前の今頃、
東池袋のお店にまだ山岸氏がいた頃に食べに行って、
特製つけ麺をたっぷり残して帰ったことを思い出したcoldsweats01

| コメント (0)

2013年5月12日 (日)

鐘ヶ嶽登山

登山靴のソールと登山用ソックスを買った。

山登りしたくてしようがないsweat01

そうだ、バイクで麓まで行ってそこから登山しようflair

037

目指すは鐘ヶ嶽、標高561mfuji

038_2

あれが山頂だね。

040

登山開始。

042

あれ、登山道が塞がれているcoldsweats02

043

自分で開け閉めして進めるみたい、
びっくりしたな、もうcoldsweats01

044

尾根の登山道、なかなか本格的である。

046

確実に高度を上げている。

047

山頂付近は石段が続く。

050

無事登頂。

053

短時間だったけど、やっぱ山登りは楽しいね、
すっかりハマってしまったcoldsweats01

| コメント (0)

2013年5月11日 (土)

手作りボンゴレ

スーパーでアサリが安く売られていた。

026

ボンゴレにしようshine

フライパンにバターを溶かし、
玉ネギ、ニンニクを炒め、たっぷりの酒を加え、
コンソメ、塩、胡椒で味付けしたところにアサリ投入。

蓋をして、蒸しあがったら茹でたパスタと絡めて完成shine

027

刻んだパセリも欠かせないwink

028

超簡単で美味しいパスタ、
潮干狩りに行きたくなる料理であるcoldsweats01

| コメント (0)

2013年5月10日 (金)

登山元年

ハイキングでなく、本格的な登山がしたくなったrun

関東で登山のメッカである丹沢は庭みたいなもんだからcoldsweats01

そしてら、上司が地図とガイドブックを貸してくれたbook

025

えっsign02丹沢って、こんなに山道があるのsign02coldsweats02

024

なんせ本格的な登山は初心者なので、
地図を見ただけで驚くことばかりcoldsweats01

職場には登山経験者が何人かいるので、
本格的に始めるならチャンスかもflair

こうなったら、丹沢山系全制覇しようと思うgoodsmile

| コメント (0)

2013年5月 9日 (木)

ミックスベジタブル

手作りお弁当の野菜といえば、結構限られてしまうsweat01

生ならレタスやプチトマト、ボイルしたのはブロッコリーやアスパラ、
煮物ならキンピラや筑前煮、ってところかcatface

で、これら野菜料理がない場合の救世主flair

023

ミックスベジタブルshine

冷凍保存品なので、
在庫があればいつでも調理できるgood

自分は子どもの頃から大好き、
バターで炒めて塩・胡椒で美味しい美味しいwink

そういえば、中学生のとき、同じ班の女子が、
お弁当に入っていたミックスベジタブルの、
人参だけを避けて食べていたのを思い出した。

好き嫌いのない自分にとっては、
かなりショッキングなできごとであったcoldsweats01

| コメント (0)

2013年5月 8日 (水)

バスケットゴール

バスケ部に入った中1の息子、
シュートの練習がしたいから、
バスケットゴールが欲しいと言い出したcoldsweats02

Mizoguchisports_bg260rd_2

置く場所も、練習する場所もねーだろっsign03annoy

| コメント (0)

2013年5月 7日 (火)

断続的な寒気

5月から、ここ最近トレンドのクールビズ開始。

でも、寒くてそれどころではないsweat01snow

今朝も5月とは思えない冷え込み、
背広、ネクタイはまだ欠かせないcoldsweats01

そんなことはどーでもいいんだけれども、
農作物は深刻な問題になっているらしいcatface

4月から断続的な寒気が入り込み、
リンゴやナシは開花せずに蕾のまま枯れてしまうとかcoldsweats02

消費者に影響がでるのは数ヶ月先だけど、
不安を感じる最近の気候ではあるcatface

| コメント (0)

2013年5月 6日 (月)

エースコック 池袋大勝軒 つけめん

スーパーで買った。

020

袋インスタント麺の、つけ麺、これは珍しいcoldsweats02

ひと袋¥100くらいだったかな。

パッケージは、ラーメンの神様、山岸一雄氏の笑顔の画像入り。

021

これはそう簡単に開封して食べられないな、
もう少し拝んでから食べようと思うcatface

| コメント (0)

2013年5月 5日 (日)

端午の節句

今年から、鯉幟は飾らなくなったけど、
兜は飾ったshine

007

さて、今夜は菖蒲湯に浸かりますかspa

| コメント (0)

2013年5月 4日 (土)

青椒肉絲

茹でた筍ゲットgood

001

水煮じゃなくて、ちゃんと生から茹で上げたモノshine

青椒肉絲にしようheart04

003

美味しい美味しいdelicious

004

今しか食べられない、筍の旨みいっぱいの青椒肉絲であるhappy02

| コメント (0)

2013年5月 3日 (金)

お手軽コロッケそば

コロッケそばが喰いたいsweat01

そんなときは、緑のたぬき、と、冷凍コロッケ。

156

コロッケと、玉子も入れちゃえheart04

157

コロッケそば、にするなら、絶対カレーコロッケshine

158

美味しい美味しい、まさにお手軽コロッケそば、に大満足happy02

| コメント (0)

2013年5月 2日 (木)

奇跡の構築物

かつて交通博物館があった場所、千代田区須田。

150

その道路向かいにある、
かなりの歴史があるであろう、構築物。

151

老朽化した小さな家、周りは近代的な建物、
まさにバージニア・リー・バートンの「ちいさいおうち」の世界。

152

ネットで調べると、昭和2年頃の建築らしい。

153

あの、東京大空襲にも、奇跡的に、この地域は耐えた。

155

昭和11年撮影の写真にも写っている。

030

そんな、奇跡の構築物が、間もなく解体される。

154

関東大震災後に建てられた1軒の家、
80年以上の風雪に耐え、
間もなく、この世から、その姿を消そうとしている。

現存する姿を、今、見ることができたのは、ほんと奇跡だと思う。

| コメント (0)

2013年5月 1日 (水)

大阪 王将 冷凍餃子

近所のスーパーでフツーに売られていたので買ってみた。

112

これは「大阪 王将」の餃子であって、
「餃子の王将」とは、まったく別モノの製品danger

その辺は、のれん問題が複雑に関与しているみたいだけど、
ま、どーでもいいこと、ということで。

113

餃子を冷凍して保存して、
焼いて客に提供するのは100%売り側の都合。

114

餃子は絶対、生地に包みたての餡を、
即、焼き上げたほうが、絶対に旨い。

餃子は、手作りがイチバン美味しい、
改めて感じた餃子であったcatface

| コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »